宇多田初プロデュースの小袋成彬(おぶくろなりあき)の経歴や曲、歌声は?動画あり

2年ぶりのアルバムリリースと国内ツアーも決定した宇多田ヒカル。

そんな彼女がデビュー20年で初のプロデュースをすることが決まりました。

宇多田ヒカルといえば一時期長寿番付に載るほどの世界でも通用する歌姫ですが、そんな彼女がプロデュースをすると決めた小袋成彬(おぶくろなりあき)とはどんな人なのでしょうか?


Photo from CINRA.NET



小袋成彬宇多田ヒカルの関係

宇多田のアルバム『Fantôme』の『ともだち』という曲に客演参加した小袋成彬さん。

小袋成彬さんのラジオ『MUSIC HUB』に宇多田ヒカルが3週連続出演するなど新興を深めていたようです。

小袋成彬の経歴

前述のラジオ出演している点からもわかるように全くの新人シンガーではなく、プロデュースを始め、自身でミュージックレーベルを立ち上げるなど、精力的に活動してきた小袋成彬さん。

別名『OBKR』です。

2013年大学在学中に『N.O.R.K.』を結成しボーカルと作詞を務めました。
2014年にミニ・アルバム『ADSR』を発表。ユニット解散後、インディーズレーベルTokyo Recordingsを設立し、綿めぐみやCapesonなどを手掛ける。レーベルとして、これまでにOKAMOTO’S、柴咲コウ、きゃりーぱみゅぱみゅ、Keishi Tanaka、宇多田ヒカルなどのアーティストの作品に関わっている。
かなりビッグネームの方々の作品に携わってきていますね!

そんな小袋成彬さんですが、中学、高校時代は音楽とは無縁の野球少年だったとか。



小袋成彬の歌声

本日から宇多田ヒカルプロデュースの新曲シングルが配信開始しますが、どんな歌声なのか気になりますよね?

以前やっていた『N.O.R.K.』の動画を見つけましたので、聴いてみて下さい。

女性かと思うほどの綺麗なハイトーンヴォイス!

めちゃ綺麗で雰囲気のある歌声。
この声が宇多田ヒカルによってどうプロデュースされていくのかめちゃくちゃ楽しみですね!

「この人の声を世に送り出す手助けをしなきゃいけない―――そんな使命感を感じさせてくれるアーティストをずっと待っていました。私と出会うまでレーベルオーナーとして主に裏方作業に徹していた小袋成彬の表現者としての真の目覚めに立ち会えたこと、そしてソロデビューアルバム『分離派の夏』の完成をこうして皆さんに伝えられる幸運に感謝しています」
By宇多田ヒカル

Spotify、Apple Music、LINE MUSICで「Lonely One feat.宇多田ヒカル」が本日から先行配信中。

そして4月25日に1stアルバム『分離派の夏』が発売されます。


『分離派の夏』のティザー動画。こちらでもちらりと歌声が聴けますよ。


これからの活躍が楽しみですね!



The following two tabs change content below.
Kazinga!

Kazinga!

器用貧乏ならぬ器用リッチ。日本を拠点に海外を転々としたりしています。 好きな言葉『為せば成る為さねばNOOO!!』刈上げ女子に萌える30代♀