2017年イギリスのユニークなイベントで面白い最高のクリスマスを過ごす方法

いきなりですが、こちら…

Santa’s everywhere 😱 #santa #christmas #london #uk #holiday #friends #lokmanvideo #funny #crazy

A post shared by LOKMAN (@lokmanvideo) on

「サンタがそこら中に!!」とのコメントとともにインスタグラムに投稿された写真です。

今年もクリスマスまであと2週間。盛り上がっていますね(笑)


Photo by tripnote.jp

毎年毎年繰り返されるとは言え、一年に一回のイベントなのでやはり心がウキウキしますね。
イギリスのクリスマスで食べる料理のメニュー:クリスマスプディングはプリンじゃない2017』という記事で書いたようにイギリスでは家族で過ごす時期のため、実家に帰省したりする人が多いのですが、家族で出掛けたり、友人とももちろん遊びに出掛けます。

クリスマスは一大イベント。
街を歩いているだけでもイルミネーションが綺麗でとても楽しいです。

が、特に首都ロンドンでは多くのイベントが開催されています。

今日はそんなロンドンで行われているイベントでも一風変わったユニークなイベントについて紹介したいと思います。

カップルにおすすめ!寒空の下で映画鑑賞

ロンドン塔に隣接している波止場の「セント・キャサリン・ドック」は少し入り組んだ場所にあるために、観光客が少ない穴場となっていますが、レストランやパブなど充実しています。

そんなセント・キャサリン・ドックでは冬のこの時期に行われる面白いイベントがあります。

野外映画館です。

え?寒そう?

私もそう思います(笑)

でも見て下さい、この気持ちよさそうな感じ。

Photo by TimeOut

人をダメにすると話題のBeanBag(ビーンバッグ・大きなビーズクッションのこと)に横になりながらホットチョコレートを飲み温まる。もちろんヒーターとブランケットも完備!
野外とは言え、テントのような屋根もついていて、その明かりがまたロマンチックです。

スクリーンの向こうには大きなクリスマスツリー。素敵!

ディナーやパブで食事した後に、ふらりと立ち寄るのも面白そうですね。

今度イギリス行くときはこの時期にしてぜひパートナーと一緒に体験してきたいと思います♪

映画タイトルはクリスマスらしく『マペットのクリスマス・キャロル』(The Muppet Christmas Carol

冬のホグワーツを楽しめるハリーポッターツアー

ロンドン郊外になってしまうのですが、いまだ地上波で放送されるとみんなが見てしまうあのハリーポッターのスタジオ、ワーナーブラザーズスタジオがあります。

撮影が行われたワーナーのスタジオで実際のセットなどを見ることの出来るハリーポッターツアーというのが年間通してあるのですが、冬の時期だけしか見られない『Hogwarts in the Snow』(雪に覆われたホグワーツ)という期間限定イベントがあります。

普段から予約がすぐに埋まってしまう人気で観光客が後を絶たないこのツアーですが、冬はまた格別な雰囲気のクリスマスバージョンのホグワーツが楽しめるので必見です。



ドラァグクイーンに会えるパブ!?クイーンズヘッド

そして個人的にめちゃくちゃおすすめというか行きたい!のがこちら!!

『Sink The Pink Presents: The Queen’s Head』

なになに?なんのイベント?って思いますよね!?

実はこれパブで行われるショーなんです。

オックスフォードストリートにある「クイーンズヘッド(The Queen’s Head)」という名のパブ(同じ名前のパブが他の場所にもあるので注意!)で12月中行われているイベントで、Panto(パント)という大衆演劇のスタイルで行うそうです。

パントはパントマイム、なのですが、皆さんが思い浮かべるセリフや小道具なしで動きだけで表現するあのパフォーマンスを思い浮かべると思いますが、実はイギリスでは違う意味があります。

パントとは:歌、踊り、ドタバタ、時事的ジョークを取り入れた【観客参加型】の娯楽演劇

<イギリスでは古くから、年末年始によく行われるイベントで、面白いのが、観客参加型というのも納得出来るほどのお客さんのヤジの飛ばしっぷり!子供からお年寄りまで、親しみやすいものなので、うるさく盛り上がれば盛り上がるほどいいっていう、日本だとちょっと考えにくい演劇です。

そんなパントスタイルを取り入れてはいるものの、写真から見て感じているとは思いますが、こちらのイベントは大人限定!ちょっと際どい内容になっているようですし、パブなのでもちろんお酒が入って、歌って踊って、というちょっとユニークなクラブみたいな様子でしょうか。

(ちなみにパントは元々男性が中年女性を演じたり、女性がタイツで男性役をやったりと面白い試みが見られる演劇なんですが、このパブはどっちかというとドラァグクイーンのようないでたちですよね、楽しそう!!)


Photo by soupandchampagne

soupandchampagne.blogspot.co.ukという個人の方のブログで行った様子の写真などがアップされていますので見てみて下さい!(英語サイト)

そんなショーが見れて踊って歌って楽しめて、ドリンク3杯、おつまみなどがしっかりとついて£25なのでかなりお得な印象です。

いかがでしたか?

保守的な概念がまだまだ根強いとは言え、かなり先進的で面白いユニークなものが好まれるロンドンならではのイベントが他にも沢山行われています。

ロンドンに訪れる機会があれば是非楽しんでみて下さい!

そして日本でもこういうイベント増えてほしい(特に三番目w)

それでは!Have a nice day!!



The following two tabs change content below.
Kazinga!

Kazinga!

器用貧乏ならぬ器用リッチ。日本を拠点に海外を転々としたりしています。 好きな言葉『為せば成る為さねばNOOO!!』刈上げ女子に萌える30代♀