激レアさん吉田一郎が住んでいた九龍城砦の昔と現在画像。追体験が出来る電脳九龍城!

世界で南極以外に唯一と言われている、どこの国の勢力も及ばない、真の無法地帯「九龍城(くーろんじょうさい)」という場所がかつて香港にあった。

普通に生きてきた日本人には想像も出来ない無法地帯のスラム街。

そんな場所に住んでいたという日本人がいる。

現職のさいたま市議会議員の吉田一郎さんだ。


Photo by さいたま市議会ホームページ



吉田一郎さんの経歴

今回12月25日放送の「激レアさんを連れてきた。」に出演した吉田一郎さんですが、そんなレアな経験をしているのでどんな仕事している人なの!?と気になりました。

吉田一郎さんは元々はジャーナリスト、そして現在では4期目のさいたま市議会議員を務める政治家です。

九龍城砦に住んでいた当時は法政大学社会学部応用経済学科に在学していた学生で、香港に留学していたそうです。

なんと安い、という理由だけで九龍城砦に住むことを決意したそうです。

確かに留学自体お金のかかることですし、香港は家賃などは比較的高い印象が強いです。

九龍城砦は通常の家賃相場の5分の1程度だったと言うので、家計は助かりますね。吉田一郎さんは留学期間中も日本語学校の講師などのバイトもしていたことから苦学生として頑張っていたのかな、と思われます。

あまりにも住環境が酷く、流石に安さだけの魅力では住めなくなり、引っ越したそうですが、それでも住んでいたと言うだけで驚愕です。

大学卒業後にはフリージャーナリストとして再び香港に住んでいたようですが、そのときは流石に通常の住まいだったようです!

まぁ、その頃には九龍城砦は取り壊しされてしまっていましたしね。(1987年に香港政庁が発表、その後1993年に取り壊された)

九龍城砦の昔の様子


Photo by BUSINESS INSIDER

1950年代から1990年代半ばにかけて、香港に流入した大量の移民は、0.03平方キロメートルの土地に12階建てビルを造り上げ、スラム街を形成した。それが、九龍城砦(きゅうりゅうじょうさい)だ。

小さな区画に3万3000人の人々がひしめき合って暮らし、最も人口が多かった時期は、現在のニューヨークの119倍もの人口密度だったという。犯罪がはびこり、ひどい衛生状態ではあったものの、1993年に建物の取り壊しが始まるまで、九龍城砦は驚くほど自律性を保っていた。

無法地帯と言われてはいますが、案外自警団などもいて住民同士助け合ったりして平和だったようです。(勿論犯罪も多かったでしょうが)

それ以上にイギリスも中国も干渉しないことによって大変だったのが生活環境面だったとか。

密集しまくりの建物はじめ、都市計画が存在しない状況だったので、下水設備が整っておらず、流された汚水などがそのまま道端の排水溝に流れていたので、溢れかえるのが普通だったと言います。

吉田一郎さんは学校に通う際にそういったところを通らねばならなかった訳で、毎日臭くなって…そういう部分で住み続けるのは無理と判断したようですね。

建物は遠くから見る分にはある意味、とても芸術的でかっこいいんですけどね…

住むのは絶対に嫌ですが、見ているとワクワクしてしまいます。
映画を見ているような…そんな気持ちになります。



九龍城砦を舞台にした作品、現在の様子

廃墟マニアなども心を熱くしてしまうこの九龍城砦。
やはりアート的には心をくすぐるようで、九龍城砦をモデルにした作品は多いです。

九龍城に入ると二度と出てくれないと言われていたように、迷路のように入り組んだ建物群が特徴的だったのもあり、特にゲームやゲーム内のダンジョン、ステージに使われることが多かった印象ですね。

ゲーム

・クーロンズゲート
プレイステーションで発売されたゲーム
(PS3で復活しています)

・シェンムーⅡ
ドリームキャスト(懐かしい!)で発売されたゲーム

・シャドウハーツ
PS2で発売されたゲーム。隠しダンジョン。

漫画

・GetBackers-奪還屋-
「無限城」は九龍城がモデルとなっている

映画

・ゴルゴ13 九竜の首
なんと1977年公開の、実際に九龍城砦で撮影された映画!
ゴルゴ13の実写版で日本と香港の合同作品。

・新ポリス・ストーリー
私の大好きなジャッキーチェン主演の有名な映画ですね。
取り壊される直前の九龍城で撮影されたシーンがありますよ。

そんな九龍城は取り壊された後には整備され現在ではのどかな公園やかつての九龍城の様子やアヘン戦争についての展示を行っている博物館などがあり、観光地となっています。

電脳九龍城で体験できる!

あの圧巻の景色がもう見れはしないのですが、実は九龍城を再現したゲームセンターがあるんです!

しかも日本に!

それが「電脳九龍城砦ウェアハウス川崎」!

川崎駅から歩いて10分以内です。

店内はかなり再現度が高いらしく、もはやホラーってくらいに怖いらしいですが、お化け屋敷ではなく、ゲームセンターです。

18歳未満は入れないらしいですのでご注意くださいね!

トイレはサイレントヒル並みに完全にホラーですが…


Photo by しろくまテイル

九龍城砦を肌で体験してみたい人は是非行ってみて下さいね!

ちなみに随分前に吉田一郎さんご本人が当時の九龍城砦について詳しく書かれているホームページを見つけたのでもっと知りたいという方は訪れてみてください。⇒世界飛び地領土研究会

それではSee you~!

関連記事(激レアさん)

⇒【【激レアさん】小林修が人工呼吸で250匹の鯉を救えた理由。職業、経歴など。

⇒【激レアさん鷲見恵理子(すみえりこ)の鳥貴族以外の経歴、バイオリニスト家族やコンサート

⇒【激レアさん中川学が漫画家になる前の変わった経歴。くも漫。絵が下手だけど面白い。

関連記事(こちらも好きかも)

⇒【「岡田幻の銀侍」は親と城住みで兄弟もすごい名前!【さんまめっかっちゃった大賞・超一般人】

⇒【プロジェクションマッピングに挑戦した高校生・板谷勇飛!【2018さんまのお年玉!夢をかなえたろかSP】



The following two tabs change content below.
Kazinga!

Kazinga!

器用貧乏ならぬ器用リッチ。日本を拠点に海外を転々としたりしています。 好きな言葉『為せば成る為さねばNOOO!!』刈上げ女子に萌える30代♀