近未来感あふれる気送管・エアシューターって?映画以外にラブホや病院で実際に使われていた。



Twitterのモーメントで話題になっている「エアシューター」またの名を「気送管」と言う。

ラブホテルの会計時に使われていた

モーメントでは病院のカルテ、若いお医者さんの知らないことを~というハッシュタグで話題になっているこの気送管なんですが、個人的な思い出としてはやはりラブホテルの会計で使われていたものですね!

部屋に変な透明の管があって、部屋を出ますと伝えるとカプセルのような入れ物にお金を入れて、セットすると「コーーーーッ!!!」という音を立てて筒を通り階上へと消えていくんです。お釣りが全然送られてこなくてめちゃ待った…という思い出があります。

顔を見ずにお会計が出来るのでいいシステムですよね。

とは言え今や自販機のような精算機が一般的でしょうか。

近未来感を感じるのは映画「未来世紀ブラジル」の影響?

そして映画好きとして未来感あるかっこいい!と思ってしまうのには映画の影響が大きいのではないかと思えてならないんです!

「夜霧の恋人たち」は未見ですが、「未来世紀ブラジル」(原題:Brazil )大好きです。(NETFLIXでも見れます)

NETFLIXオリジナルシリーズで話題になった「BLACK MIRROR」(ブラックミラー)のように情報化社会を風刺した異質なSF映画でブラックユーモアに溢れていて、SF映画の最高傑作の一つとも言われています。

『バンデッドQ』から始まり、『バロン』で終わる、‘ぶざまなほど統制された人間社会の狂気と、手段を選ばずそこから逃げ出したいという欲求’というテーマを持った、モンティ・パイソンのテリー・ギリアムによる3部作の2作目にあたる、根強い支持を獲るSF映画の傑作。
出典:映画『未来世紀ブラジル』管理社会に対する痛烈な批判: 映画マニアの徹底レビュー

スチームパンクぽくてかっこいい

そして筒状の形式もあいまってスチームパンクを彷彿させませんか?

機械化が進む今、あえてこのレトロな感じがたまらない、という人も多いからモーメントで話題になっているのかな、と推測しました。

スチームパンクな世界に住みたいKazinga!でした。



The following two tabs change content below.
Kazinga!

Kazinga!

器用貧乏ならぬ器用リッチ。日本を拠点に海外を転々としたりしています。 好きな言葉『為せば成る為さねばNOOO!!』刈上げ女子に萌える30代♀