ハロウィンやジャック・オ・ランタンの由来や海外と日本での楽しみ方の違い

10月が近付くとお店などでオレンジを基調としたハロウィンの飾り付けが始まっていく。

個人的に行事の中で一番好きなのがこのハロウィン!

特に仮装する訳でもなく、単にちょっとホラーテイストになるので勝手にわくわくしてしまうだけなんだけどね…

皆さんはハロウィンにどういうイメージを持っていますか?

仮装したり、カボチャや魔女、あとお菓子が貰える!みたいな感じでしょうか?
最近では日本でもハロウィンに仮装したり、パーティーをしたりと盛り上がってきているけれど、そもそもハロウィンとはどういうお祭りなのか、日本以外ではどのような形で祝われているのでしょう?

【ハロウィンの由来】

実はハロウィンはお祭りではありません。

いや、厳密に言えば収穫祭なのでお祭りなんだけど、それに併せて日本で言うところのお盆みたいな行事だったんです。

古代ケルト人が秋の収穫を祝い、悪霊を追い出すっていうドゥルイド教の行事であるサウィン祭が起源とされています。

ケルト人にとって10月31日は1年の終わり。そして夏の終わりで、冬の始まりでもあった。この冬の始まりに死者の霊が家族を訪ねてあの世からこの世へ帰ってくると信じられていた。しかし、ただ先祖や亡くなった家族の霊だけではなく、悪霊や有害な精霊、そういった霊たちも出てきてしまう、いわば「あの世とこの世をつなぐ門が開く日」とされていた。

悪霊達から身を守る為に仮面を被ったり、魔除けの火を焚いていた。

その焚き火が今日でよく見るカボチャの「ジャック・オー・ランタン(Jack-o’-lantern)」に変わっていった。

【ジャック・オー・ランタン】

この「ジャック・オー・ランタン(Jack-o’-lantern)」にも魔除けの意味がある。

日本で言うと鬼火みたいな存在だけど、言葉の意味としては「ランタン持ちの男」。

悪行ばかりを繰り返していたウィルという男の前にある日、悪魔があわられた。ウィルは魂を取られまいと、あの手この手を使い悪魔に魂を取らない、という約束を取り付けることに成功した。ウィルは死んだあと、勿論天国になど行けず、地獄に行こうとするが、悪魔は約束を守って魂を取らなかったので、ウィルはどちらにも行けず、悪魔に貰った石炭の火種をくりぬいたカブに入れ、彷徨い続けた。

それを人々が「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」や「ジャック・オー・ランタン」と呼んだ。

という伝承があるそうだ。

※ハロウィンを行っていたケルト人の国、アイルランドではランタンは元々はカブで作られていた。ハロウィンがアメリカに渡ってきた際に沢山あったカボチャに変わっていった。
※「ジャック」は当時の一般的な男性の呼び方だった。日本で言うところの「太郎」。(古いか)

そしてそれがやがて悪霊を払い除ける「お守り」として扱われるようになった。同時に「親族の霊を迎え入れる目印」の役割も持つようになっていった。

【ハロウィンの名前の由来】

ハロウィン(Halloween)という名前の由来は、カトリックの諸聖人の日が11月1日で「All Saints’ day」であり、その前夜にあたる10月31日が「ハローマス(Hallowmas)」というところからきている。

ドゥルイド教のサウィン祭からカトリックのハローマスに変わっていったのは、カトリック系がドゥルイド系を侵略していったという歴史的な背景がある。本来異教徒の行事は受け入れず根絶していくものだけど、通ずる部分があったのか、諸説あるが、ハロウィンは消えることなく今日にも残った。



【現代のハロウィン】

現在のアメリカではハロウィンに合わせて家をハロウィンのために飾りつけたり、当日の夜には子供たちが仮装して「Trick or treat!!(お菓子をくれないといたずらしちゃうよ!)」という掛け声とともに近所を渡り歩いてお菓子をねだったり、大人は仮装パーティーをしたりするのが一般的。

この子供たちが近所を渡り歩く風習はアメリカでうまれたと言われているけど、ハッキリと起源は分かっていないらしい。

【ハロウィンが盛んな国】

主にイギリスが移民した国や植民地にした国で盛んであるようで、アメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、プエルトリコ、ニュージーランド、オーストラリア、香港などがあげられる。

意外だがヨーロッパ圏のフランスやドイツなどでは盛んじゃないらしい。
けれども、日本同様、近年ではデコレーションをするお店も増えてきているという。

【日本のハロウィン】

ディズニーランドやキディランドのイベント、パレードによって1990年代に日本でもハロウィンが徐々に浸透していった。

それでもアメリカのように大々的に子供たちが近所を渡り歩くことは少ないようで、ショーウィンドウの飾り付けや仮装パーティーを行うことが多いみたい。

近年では盛り上がっており、渋谷や六本木など各地で行われるハロウィンの仮装イベントでは、前に進めないほど人が集まっているというが、主催者がいる訳ではなく皆が自主的に集まってきているために無法地帯となって、ゴミ問題などに発展している側面もあるらしい。

The following two tabs change content below.
Kazinga!

Kazinga!

器用貧乏ならぬ器用リッチ。日本を拠点に海外を転々としたりしています。 好きな言葉『為せば成る為さねばNOOO!!』刈上げ女子に萌える30代♀