イギリスへのクリスマスプレゼントの中身とEMSで送った際の送料と日数



こんにちは。

12月に入りクリスマスやら忘年会やら年末年始の準備やらでそわそわ浮き足立ってきた印象がありますね。

結構こういう空気、好きです。

いつも通りのほほーんとしていてあまり季節行事というものに敏感ではない私なのですが、今年はちょっと色めいて、イギリスにいるパートナーとそのご両親にプレゼントとカードを送りました。

送料と中身が同じくらいになるというジレンマにおそわれましたけどね。。。

ということで今回はイギリスへパッケージを送る際の注意点や送料、期間などについて書いていきたいと思います。

イギリスのクリスマス

さて日本のクリスマスと言えば「恋人たちの日!」というロマンチックな印象が強いのではないでしょうか?

クリスマスまでに恋人が欲しい!と言っていた友人もいたなぁ、と思い出しますが、イギリスはと言うと、「家族の日」という印象の方が大きいようです。

クリスマスには親兄弟が集まり美味しい料理を沢山食べて、プレゼントを渡し合う。映画などではそういう場面も多いので、なんとなくイメージはつきますよね(^^)

日本で言えばお正月みたいなものですね。

イギリスでは大晦日や正月には友人達で集まってパーティー、という方が多いらしいので、日本とは逆ですね。

私のパートナーも今年で37になりますがやはりクリスマスには実家に帰り、ご両親と、兄弟、姪っ子甥っ子たちに会いに行きます。

全員分のプレゼントを抱えて…

と話が逸れましたが、そんな訳で私は彼の親戚一同に喜んでもらえるものがいいなぁと考えました。

クリスマスプレゼントの中身

色々と悩んだのですが、日本のお菓子の詰め合わせ!にすることにしました。

「日本のお菓子」と言っても和菓子とか特別なものではなくて、皆さんが(私が)いつも食べているようなふつーーーうのお菓子です。

何を入れたか全部は覚えていないのですが、アルフォートのパーティーパック、ルマンド、アポロ、コアラのマーチ、うまい棒、ポイフル、などなどです。

日本のお菓子は美味しい!

と私は思っていますし、あと新しいものにはあまり挑戦しようとしないイギリス人(勿論全員じゃないですけどね)なので、変に和菓子や見たこともないものにしてしまうと食べてすらもらえなさそうなので、とっつきやすそうなものにしました。

あ、あとキットカットの抹茶味ですね!

キットカットは世界中にあるんですが、色んな味があんなにあって、しかも美味しいのは日本ならではです。

イギリス以外でも外国の方へのお土産には最適ですよ♪

そして勿論クリスマスカードもいれました!

彼宛とご両親宛に。
日本以上にカードを贈ることはポピュラーなので、プレゼントに困った際には、心を込めてカードを贈るというのもとても良い方法だと思います。



EMSがオススメ!

さてさてプレゼントを詰め込んだパッケージを送る訳ですが、どんな方法がいいのでしょうか?

今回は評判も良い郵便局での方法に絞ってみました。

東京から英国(ロンドン)への送料と日数で、今回、私の場合は1600gでした。

EMS(国際スピード郵便)

4,550円

2日

国際eパケット(国際書留付き航空小形包装物) 2,795円 6日
国際eパケットライト 2,130円 2〜3週間
航空便 小形包装物2,535円
小形包装物(国際書留付き) 2,945円
国際小包5,050円
6日
エコノミー航空(SAL)便 小形包装物1,680円
小形包装物(国際書留付き) 2,090円
国際小包3,850円
2〜3週間
船便 小形包装物1,080円
国際小包2,350円

郵便局のサイト参照

今回私は選んだEMSは断然高い!けれど断然早い!

クリスマス一週間前には実家へ帰ってしまうため、その前に着いて欲しかったので、今回はEMSを選びました。

イギリスはじめ、海外の郵便は日本の郵便事情とは違いそこまで整っていない印象が強い(再配達はなく、逃したら郵便局に取りに行く、扱いが雑なのではこがぼこぼこ等々(^^;))のと、クリスマス時期なので表記の日数よりは絶対にかかるだろうな、というのを見越してです。

普段で、急いでいなければ船便もいいかなとも思います。

が、紛失も怖いのは事実です。

EMSは追跡番号もついていますので今どこにあるかな~とある程度追うことが可能ですので、お高いですが、安心感があります。

状況によって選択するのがいいですね。

実際にかかった日数

実は出したのが昨日12/5なので、まだ分かっていません。

2017/12/06 04:00 国際交換局から発送

EMSの追跡で上記のようになっていますのでこれからですね!

引き続き状況を追記していこうと思います。

今週中に到着したら嬉しいな!と期待しています。

イギリスから日本の場合

後日彼のほうからも送ってくれるそうなので、そちらもレポートしていけたらな、と思っています。

The following two tabs change content below.
Kazinga!

Kazinga!

器用貧乏ならぬ器用リッチ。日本を拠点に海外を転々としたりしています。 好きな言葉『為せば成る為さねばNOOO!!』刈上げ女子に萌える30代♀