デスストランディングの世界観が最高。ツイッターでポーターブリッジズ大量発生

世界が待ちに待った小島秀夫作品「Death Stranding」(デス・ストランディング)を楽しんでいますか?

私の周りではもはやデスストの世界から抜け出せずあっという間にキングクリムゾン!!されて時間が消し飛んでしまっている人たちばかりです。(キングクリムゾンについてはジョジョの奇妙な冒険第5部を読みましょう)

私自身はあまり銃が出てくるゲームをやらなかった経緯があり、かの有名なメタルギアソリッドをやってこなかったので、実は初の小島秀夫作品がこのデスストランディングになります。

友人の一人は小島秀夫作品の世界観に浸るために発売に合わせて長期休暇を取れるように調整している人がいます。彼が言うには、もはや小島秀夫作品は芸術。とのことです。

小島秀夫作品はもはや芸術

私は映画やゲームの情報は自分がやるまではなるべくシャットダウンする方なのですが、予告編ですでにかっこいいなぁ、映画みたいだ…ということは感じていました。

そして実際に発売日に家に届いたデスストランディングを起動して、オープニングをプレイしているうちに、友人の言葉を思い出しました。

小島秀夫作品はもはや芸術

まさにその通りだと思いました。

オープニングで完全にデスストランディングの世界に魅入ってしまいました。

デスストランディングは世界観が半端ない

映画さながらの映像美に加えて映像にマッチした音楽がドラマティックに流れていき、演じる役者の声。最高にわくわくして、そしてその恐ろしい世界に、展開にドキドキが止まりませんでした。

映画さながらにナレーションが流れ、俳優のクレジットが入りながら景色が流れていく。
荒涼とした広大な大地を一人の男がバイクで走り抜ける。

突如嵐が来そうな雨雲が広がる。

不穏な空気を察したのか逃げ惑う動物。

ただの嵐ではないナニカが近づいてくる。

そして謎の女。

↑オープニングをあげている人がいたので、興味があれば見てみて。

でもこれからプレイする予定の人は出来ることなら見ずに自分のプレイを初見にしてほしい。

それくらいぞくぞくする、これからどうなっていくのだろう?この世界はどうなっているのだろう?という始まり方だ。

サムとBBに激しく愛着がわく

プレイヤーはノーマンリーダス演じるサム・ポーター・ブリッジズとしてゲームをプレイしていきます。

彼は配達人なので、重い荷物を背負って配達を行っていきますが、背負えば背負うほどにもちろん荷物は重くなっていき、左右に身体ごともってかれそうになるほど重心がかかりますし、デコボコした地形や滑りやすい場所で転びそうになったり、川では流されそうになったりします。

ひとり黙々と歩きながら、自分がうわぁ危なかったーと思ったときにサムが「危なかった」、「しっかりしろ」なんて自分に言い聞かせたりするものだから、不思議と徐々にサムにシンクロしていく。

それがゲームへの没入感を生んですごい。

また最初はちょっと薄気味悪くて怖いなと感じたBBと呼ばれるポッドに入った胎児にもどんどん愛着がわいてくる。

あやしていると嬉しそうにハート形の気泡なんて出してくるからもうBBが笑っていればそれでいいなんて思ってしまって、思わず襲われている危険な状況にも関わらず、BBをあやすのを優先してしまうまでになる(私だけかもしれないが)

お分かりいただけるだろうか…?背後に魑魅魍魎のような影が迫り来ているにもかかわらず、BBをあやしている…。

ツイッターで〇〇・ポーター・ブリッジスが大量発生

そんなこんなでプレイヤーの心を掴んで離さない小島秀夫作品のデスストランディングは現実世界にも影響を及ぼし始めている。

Twitterをみているとそこかしこにポーター・ブリッジズを名乗る人が増えているのだ。

ゲームを始めると分かるのだが、ポーターは配達人、ブリッジズは名前というよりも属する団体を意味している。だからある意味不自然ではない。

みんな配達人であり、そしてブリッジズに所属しているのだ。

みんなあの世界に生きているのだ…。

まとめ:デスストランディングはハマる

実は配達が楽しすぎてやたら往復しながら落とし物を拾っては届けに行くということを繰り返している私は「エピソード2:アメリ」をプレイ中で、めちゃくちゃ遅い。

しかし、ストーリーも素晴らしいが、ゲーム自体の世界観が最高なのでどっぷりとハマってしまっている証拠なのだと思う。

睡眠が足りないので1日を倍にしてほしい(仕事の時間はそのままだぞ)

長期休みを取った友人の行動は正解だった。

The following two tabs change content below.
Kazinga!

Kazinga!

なにもしたくないをモットーに生きている。日本と海外を転々としながらのんびり生きてます。かっこいい女性と小さいものとガジェットが大好き。