Apple watch(GPSモデル)をiPhoneなしでAndroidと持ち歩く日々

※大前提として、Apple watchは設定などをする必要があるため、iphoneがなくては使えません。

私は普段使いのメイン機としてAndroidOSのBleakcBerryKey2を使っています。
2代目のサブとしてiPhoneSEを所有しています。

お出掛けするときなどはAndroidしか持たずに生活しているので、その方法や使い勝手などをレビューしています。

なんでApple watchをiPhoneなしで使いたいか

そもそも、な話になります。
長いので(笑)、どうでもええわー!という方は次の章へ飛んじゃってくださいね。

この記事に辿り着いた方はiPhoneなしでAppleWatch使えるのかな?と考えているAndroidユーザーの方か、AppleWatchに対応していないiPhoneを持っている方、それかiPhoneからAndroidに変えようと思っているけど、AppleWatch使えなくなるのかな?という方かなと思います。

私はガジェット好きゆえに色んな端末を使ってきましたが、実はiPhoneはSEが初です。
iPod touchを使っていたので使い勝手などは知っており、完全にAndroid派です。

(Apple PencilのおかげでiPad miniはかなりヘビーに使うようになりましたが)

そんな私はAndroidの中でも特に珍しい物理キーボード付きの端末「BlackBerryKEY2」が大大大好きで、現状この端末以外をメインに使う気が起きません。

でもキャッシュレス大好きなんです。キャッシュレスが好きというより、荷物が少ないのが大好きなんです。なのでなるべく持ち物を減らすために財布の中身はかなりミニマムで、住信SBIのミライノプラチナデビットカード1枚、定期券のPASMO1枚、マイナンバーカード1枚、いざというときの1万円札のみです。(運転免許持ってないので)

減らしまくっていくと、このPASMOすら邪魔だなぁと感じるようになり、なんとか削りたくて、モバイルsuicaにしたいと考えるようになりました。

しかしBrackBerryKEY2にはおサイフケータイなんてありません。iPhoneSEもApplePayが入っているけれども、Felicaが内蔵されてないのでピッてできません。

なーんか方法はないかなぁと思っていた時にAppleWatch5が発表され、それにあわせてAppleWatch3が大幅値下げというニュースが飛び込んできたわけです。

iphoneSEでも使えることを確認して、クレカを持っていない私はデビットカードでAppleWatch+モバイルsuicaが使えるかどうか調べまくりまして、ようやく一番安いGPSモデルのAppleWatch3をぽちりました。(38mmは大きい腕時計好きな私には小さく感じたので一通り使い勝手を確認した後に母にあげて、42mmを買いなおしました)

サイズ比較はこちら。

iPhoneなしでも結構使えるApple Watch(GPSモデル)

結果として現在、iPhoneSEは普段家に置きっぱなしで、仕事など外出時にはAppleWatch3とBlackBerryKEY2のみで出掛けられるようになりました。(いざというときのためにキャッシュカード一体型のデビットカードは持っていきますが…)

特に不便していることもなく過ごせています。

モバイルsuica問題なし!

まず、私にとってAppleWatchで一番大事な用途であったモバイルsuicaはばっちり使えます。
(Felica(おサイフケータイ)に対応しているのはAppleWatch2以降ですので初代AppleWatchでは使えません)

iPhoneがおうちで寝ててもAppleWatchに登録してある定期とモバイルsuicaの残高は問題なくピッと反応します。

電車はもちろんのこと、残高があればコンビニでの買い物もできますし、やよい軒だとかの券売機でもピッと支払いが出来ます。(一部の自動販売機などで使えないこともあるようなのですが、私は現状使えなかったことはありません)

wifiに繋がっていればAppleWatch単体でモバイルsuica残高にチャージも可能!

iPhoneなしでセルラーモデルではないGPSモデルのAppleWatchを使っているのでモバイルsuicaや心拍数だとか以外の通信して行われる機能は特に期待していなかったのですが、実はAppleWatchは単体でもwifi接続が出来るんです。

なので職場や公衆無線LAN、そして自分のメイン機のAndroidでテザリングをすれば通信が出来ます。

公式サイトにも記載ありますね。
iPhone が近くにない状態で Apple Watch を使う

このように下からスライドして出てくるコントロールセンターにwifiボタンがありますし、設定からwifi設定できます。

ということはApple Payにクレジットカードを登録している方はモバイルsuicaにサクッとチャージも出来ちゃいますよ!

※デビットカードの場合はApple Payには登録することが出来ず、iPhone上のモバイルsuicaアプリに登録して使用するため、iphoneのアプリから操作しないとチャージが出来ません。
(みずほのsmart debitカードは正式にApplePayに対応したようなので使用可能だと思います。カードを増やしたくないので未確認です(^^;))

wifiに繋がっていれば通知もくる!

ということで、AppleWatch単体でも通信可能なのでメッセージの送受信や、天気を調べたりも出来ちゃうわけです。

予想以上に優秀です。

ちなみに私はメインのBlackBerryKEY2にLINEを入れているのでLINEの通知はきません。でもメッセージ系もFBメッセンジャーやtelegramなどを使用しており、この2つは複数端末で同じアカウントで使えるのでiPhoneにもインストールしているので通知がきます。

その他の機能

その他、スマートウォッチとして便利な機能のしてはアラームやタイマーだったり、心拍数はかったりはwifiに繋がっていなくても問題なく使用可能ですし、事前に同期しておけば写真や音楽、Podcastも聴けるようです。

私はSpotifyユーザーなのでiTunes全然使ってなくて分からないのですが、お気に入りの曲をいくつか入れておくのも良さそうですよね。

Apple Watch 単体で困っていること

正直私の使い方であれば全く困っていません。

唯一あげるとすれば前述したようにデビットカードの場合はApple Payには登録することが出来ないのでモバイルsuicaの残高にチャージが出来ないことですね。

とは言え、Androidスマホは持っているのでPayPayだとかのキャッシュレスサービスも使えますし、いざというときのためにキャッシュカード機能込みのデビットカードは持っていますので、そちらで支払えばいいだけです。

結論:AppleWatchとAndroidの併用最高!

私は、という感じですけど(笑)

iPhoneユーザーにとっては全く必要のない記事になってしまいましたが、こんな使い方したいけど出来るのかな?と思っている私のような方に役に立てれば幸いです。

マニアックですけども、BlackBerryKEY2ユーザーが増えたらいいなという淡い願いも込めて…

BlackBerryKEY2最高にかっこいいし使いやすいんだよ…

おまけ:AppleWatch単体での文字入力!

この手書き入力が結構便利です!!日本語入力はまだ対応していないようですが、英語であればアルファベットはシンプルなので小さいAppleWatchでも十分に入力が出来ます!

あとは音声入力も優秀ですし、iphone側で定型文の登録も出来るのでスマホ出さなくても簡単な返信ならAppleWatchで出来ちゃいます!

結構感動したのでご報告です(笑)

The following two tabs change content below.
Kazinga!

Kazinga!

なにもしたくないをモットーに生きている。日本と海外を転々としながらのんびり生きてます。かっこいい女性と小さいものとガジェットが大好き。