眼鏡の玉城ティナの可愛い画像!過激な演技が話題の『バツしな』あらすじ

漫画が原作の『わたしに××しなさい!』(略してバツしな)が
玉城ティナ×小関裕太のダブル主演で実写映画化、ドラマ化しましたね!

前々から話題になってはいましたが、何より、玉城ティナの眼鏡姿に
完全に心を持っていかれました!!!

内容が内容なだけにちょっぴり過激なシーンも期待大な今作。



『わたしに××しなさい』の原作漫画とあらすじ

まず原作は「なかよし」で連載されていた遠山えまの漫画です。

女子高生の氷室雪菜にはケータイ小説家ユピナという別の顔があった。
人気があったが、ある日ユピナの小説にはラブが足りないというお便りがあった。
恋愛経験がないからなので恋愛しなきゃとは思うもののどうしたらいいか分からず…
そんな中、学校一の人気者である北見時雨の弱みを握る機会があり、それをネタに疑似恋愛をすることを強要する。
そうやって疑似恋愛していく内に…

というような内容ですね!

雪菜は目つきが悪いと言われたことがトラウマで眼鏡が手放せないという設定なのですが、演じる玉城ティナはだいぶ可愛らしい目つきだと思いますけどねw

ちなみにこの設定上、雪菜がSっぷりを発揮するのが見どころでもあるのですが、それを玉城ティナがどう演じるか…も面白そうですね!



眼鏡姿が可愛すぎる玉城ティナの画像

とにかく玉城ティナがかわいいです!

天使か!!

ところで今も携帯小説って流行っているのでしょうか…?

こちらは今回のバツしなとは別の画像ですが、眼鏡姿可愛すぎます!

原作が少女漫画で学生恋愛もの、ということで
「いやいや…」なんていう甘~い内容にもなっていそうですが、
こんなかわいい玉城ティナに、かっこいい小関裕太が演じるとなると
若者のみならず男性も女性も思わずキュンキュンしちゃうのではないでしょうか?

いくつになってもキュンキュンは大事ですしね!

映画版は2018年6月23日(土)に公開で、
ドラマ版はすでに3月27日からスタートしています。

続きが気になります!

それではSee you~!!



The following two tabs change content below.
Kazinga!

Kazinga!

器用貧乏ならぬ器用リッチ。日本を拠点に海外を転々としたりしています。 好きな言葉『為せば成る為さねばNOOO!!』刈上げ女子に萌える30代♀