LINEpayで電気料金を払ったら楽でお得で便利だった!

LINE pay(ラインペイ)ってご存知ですか?

いまや日本では絶大な人気のLINE。

人気というかもはやスマホとセットでマストな状態ですね。

実は個人的にLINEは好きではないのですが…
端末を頻繁に変える私にとっては一端末でしか使えなかったり、
アカウントの引継ぎが面倒だったり…
という理由なのですが、

実はコミュニケーションツールとして、というよりも
ひとつの支払い方法として「LINE pay カード」も持っているくらい
LINE payは活用してたりします。

色々と便利でメリットが大きいので気に入っているんですが、
今回は3月6日からLINE payで電気料金の支払いが出来るようになり
ますます便利になったので詳しく書いていこうと思いました。



LINE pay、LINE payカードって?

LINE payはLINEアプリ上から利用することが出来る機能のひとつで、
LINEの友達に送金したり、ネットショッピングの決済などに使える物です。

イメージ的にはスマホにプリペイドカードが入っている感じですね!

そのLINE payと連動しているカードがLINE pay カードです。

そのまま送金したりネットでの買い物ならばLINE payでいいんですが、
実際の店舗なんかに行ったときなんかに使うカード型になっているもの、
とイメージしてください。

実際こんな感じのカードです。

加工していますが雲のスタンプの下に番号が振られていて、クレジットカードのように使うことも出来ます。

実際JCBプリペイドなので、LINE payの残高の範囲内で使うことが出来ます。

便利なところ!

・スマホのLINEの画面から残高の確認が出来る
・クレジットカードや銀行口座からチャージが出来る
・コンビニから現金でもチャージが出来る

お得なところ!

・使用金額の2%分のポイントが貯まる
・ポイントはLINEpay残高にすることが出来る!

便利なのが次の電気料金を支払うメリットにもなるのですが、
銀行口座やクレジットカードからチャージ出来ることです。

詳しくは後ほど書きますね。

もう一つは現金の場合もコンビニから簡単にチャージできることです。

使えるところがめちゃくちゃ増えたSuicaみたいな感じですw

お得なのが、クレジットカードなどのポイント還元率が1%くらいな中、
LINEpayは2%の還元率です!

5000円の買い物したら100円分返ってきます。

個人的にヘビーユーザーなAmazonは便利だけどポイントなどがないので残念だなぁ
と思っていたところにLINEpayで払うとしっかりぽいんとが返ってきます。

このポイントはアプリ上で簡単にLINEpayの残高に変換することが出来ます。
私は返ってきたポイントでお昼に牛丼とか食べてます。

またLINE pay カードがあればコンビニATMで手数料はかかりますが
現金として引き出すことも出来るんです!

プリペイドやポイントカード、Suicaなどなど色んなカードがありますが、
現金として引き出せるものはないんじゃないかと思います。
なので、これが一番のメリットじゃないでしょうか。

プリペイドカードでクレジットカードみたいに使えるけど、銀行口座のように
キャッシュカードみたいにも使えるんですね!!

ちなみにこのポイントは残高にチャージする以外にも

・アマゾンギフト券
・nanacoポイント
・JALマイレージバンク
・メトロポイント
・Pontaポイント

などに変えることが出来るので自分に合ったものにするといいですね。
ただ還元率が良くないことがあるのでやはりLINE payの残高にチャージしてしまうのが
一番オススメです。
(例:nanacoやpontaの場合、LINEポイント1000で900円分など)



LINE payで電気料金を払うメリット

さて今年3月6日から電気料金の請求書支払いをLINE payで出来てしまう!
という画期的なサービスがスタートしました。

早速払ってみました!

私は普段から公共料金は請求書払いにしてコンビニなどで払っていました。

コンビニ行くのがめんどくさかったり、時間できてコンビニ行ったら現金持ってなくて
ATMでおろしたら手数料取られたり、時間外でそもそもおせなかったり…
そんな経験はないですか?

それが全部解決しました。

手順としては下記の通りです。

LINE pay のところから「請求書払い」を選ぶとカメラでバーコードが読めるようになるので、請求書のバーコードを読みます。
内容を確認して決定、決定~と進んでいけばLINEpayの残高から引かれて支払い完了です!

手数料もかかりませんし、万が一残高が不足していても銀行口座なりクレジットカードからチャージしてしまえばOKなんです!

ぴぴぴっと全てが家で完結してしまうんですよ!

ちょっぴり残念なのはポイント還元対象ではないことですね。
今後に期待です!

ちなみに現在は東京電力のみですが、今後は4月上旬に株式会社電算システム、5月以降にSMBCファイナンスサービス株式会社、三菱UFJファクター株式会社などの請求書払いにも対応していくそうです。

キャッシュレス化がどんどん進んでいきそうですね。

電気料金以外に私が実際に使用している便利な機能

元々便利に使っていて、公共料金の支払いや毎月の支払系(月額制のもの…携帯料金など)以外はほとんどをLINE payで支払っていた私だったので今回の電気料金の支払いが可能になったことで更に更に便利になりました!

そんな私が今回の電気料金以外で普段から使っているものをご紹介しますね。

参考にして頂ければ幸いです。

①毎月の携帯料金

上記で月額制のもので使えないものの例に挙げた携帯料金なんですが、
実はLINEが出しているLINEモバイルのSIMカードの料金はLINE payで
支払うことが可能なんです!
LINEpayカードをクレジットカードの代わりに紐づけることが出来るので、
デビットカードすら使えない格安SIMがほとんどの中、クレジットカードを
持っていない、持ちたくない、持てない人には唯一の選択肢じゃないでしょうか?

クレジットカード関係で格安SIMに出来なかった人はLINEモバイルがオススメですよ!
請求金額などもLINE上に残るので見直すのも楽です。

私はクレジットカードだと使いすぎちゃうのでwデビットカードを使っていて、
格安SIMを使えないと思っていたのですが、LINEモバイルとLINE payカードで
解決しました。

②NETFLIXの支払い

NETFLIXが好きな理由のひとつにまだまだ日本では使いにくいデビットカードの
支払いに正式に対応しているところ!があったんですが、なんとLINE payカードでも
支払えちゃいます。

③というか基本全部!

スーパーでの買い物も、お昼ご飯の牛丼なり、コンビニでのちょっとした買い物も、
Amazonでベッドのマットレス買うにも、カードが使えるものは全部です。

ポイント還元率のいい家電量販店なんかだとダブルで嬉しいですね。

母の携帯もLINEモバイルで私が一緒に払っています。

電気料金払いにコンビニ行くの面倒だな…
クレジットカードないけど格安SIMにして電話料金抑えたいな…
日々の買い物でちょっと得した気分になりたいな…

そんな人にオススメですよ!



The following two tabs change content below.
Kazinga!

Kazinga!

器用貧乏ならぬ器用リッチ。日本を拠点に海外を転々としたりしています。 好きな言葉『為せば成る為さねばNOOO!!』刈上げ女子に萌える30代♀